顕微鏡の購入なら安くて高品質な通信販売|安く購入する秘訣を伝授

科学

しっかりと計測する

科学

現在のスペクトラムアナライザの標準的な価格は概ね十万円程度を維持すると予想されます。

スペクトラムアナライザは設計、製造コストが製品価格に反映され高額な計測機器となっていました。その後、デジタル信号処理技術の進歩や、半導体技術の発展に伴う演算処理回路の高速、高精度化を実現することが出来るようになってきました。そのため、従来は高額であったスペクトラムアナライザの製品価格も、製品内部の回路設計がアナログとデジタルの混在から、ほぼデジタル回路で設計開発することが可能になってきました。現在の製品価格は普及帯価格が概ね十万円程度で提供されていますが、今後は、低価格化が進むよりも、スペクトラムアナライザの性能や測定精度が向上することでしょう。

デジタル信号処理技術の進歩t半導体技術の進展によって、より正確で高精度な測定が可能になってきました。

スペクトラムアナライザが開発されるまでは、アナログ回路によって実現された帯域通過回路や低域通過回路、高域通過回路等の組み合わせによって、測定する電気信号に含まれている特定の周期性信号の電圧値をオシロスコープによって観測するなどして、測定信号にどれだけ周期性信号が含まれているか、また雑信号が混入しているかを測定してきました。ところが、アナログ回路は経年変化による電気回路の変化や、測定機器内の電気回路の微量の発熱によっても温度変化が起こり、結果として正確な測定を行えないことがありました。その後、デジタル信号処理技術が急速に発展したのと、数値演算回路の高速で高精度演算の実現によって、デジタル技術を用いたスペクトラムアナライザの設計、開発を行うことが出来るようになりました。これによって、測定装置内部の電気回路の簡素化、演算精度の向上等によって、従来よりも低コストで高性能な測定機器の実現が出来るようになってきました。今後は、さらなるデジタル信号処理技術の発展や、半導体技術の進歩によって、ますますの活用が期待されています。

Copyright© 2015 顕微鏡の購入なら安くて高品質な通信販売|安く購入する秘訣を伝授All Rights Reserved.