顕微鏡の購入なら安くて高品質な通信販売|安く購入する秘訣を伝授

科学

測定する為の優しさ

研究

スペクトラムアナライザは、アナログ信号処理方式からデジタル新語処理方式に移行してきました。

デジタル信号処理の急速な発展によって、それまではアナログ回路で実現してきた信号処理部も、デジタル信号処理を用いて、より正確で高速に測定結果を得ることが出来るようになってきました。特に、測定信号においてどのような周期性信号が含まれているかを求めるための手法は、アナログフィルタ回路を帯域別に用いていたものから、フーリエ変換方式によって、一括した信号処理を行うことが出来るようになりました。これにより、測定機器の設計方式は、アナログ信号処理方式からデジタル信号処理方式へと移行されるようになりました。

今後は、より高性能で高精度な測定結果が得られる低価格帯の製品が開発されることが予想されます。

スペクトルアナライザは、経年変化や測定中のコンディションの変化等が測定結果に影響を及ぼすこともあり、当時の課題となっていました。その後、デジタル信号処理技術が急速に進歩してきたことと、それに合わせてシステムLSIのような半導体設計、製造技術の革新によって、従来はアナログ回路に依存してきた電気回路は、より精度の高い演算処理によって精度の高く安定した測定が出来るデジタル回路へと移行してきました。スペクトラムアナライザは、アナログ信号を測定するための計測機器ですが、AD変換器を用いることでデジタル信号処理を行うことが出来ています。今後は、高速かつ高精度な演算を行うことが出来る演算用LSIの開発によって、進化することが予想されています。

Copyright© 2015 顕微鏡の購入なら安くて高品質な通信販売|安く購入する秘訣を伝授All Rights Reserved.